休業損害の請求

 - 

交通事故に巻き込まれてしまい被害者になってしまったら、社会人の人は仕事をすることができなくなってしまう場合があります。交通事故の被害者になって仕事ができなくってしまったときに相手に対して請求できるのが休業損害です。事故に遭って被害者になってしまい仕事ができなくなってしまったら積極的に休業損害を請求することをおすすめします。

交通事故の被害者になったら様々な賠償を請求することができますが、その賠償の中に「消極損害」という種類があります。消極損害とは交通事故に巻き込まれて被害者になっていなければ得ることができた仕事での収入の損害を消極損害と言い、その中の1つが仕事を休んで収入が入らなくなってしまったことを請求することができる休業損害があります。

交通事故に巻き込まれてしまって損害を負って仕事を休まなければいけなくなったら、誰でも収入を得ることができなくなってしまいます。その収入や利益を損害として賠償請求できるので、自分で手続きをするのは難しいので、弁護士に相談をして休業損害がどれくらい出るのかを算出してもらい賠償請求をするようにしてください。事故の状況や怪我の状況に応じて損害賠償請求の金額も異なってきます。自分が損をしないようにしっかり弁護士に対応してもらうことが重要です。


適正な過失割合の判断

 - 

交通事故に遭ってしまい慰謝料を請求するときに重要なのが「過失割合」です。事故に遭わなければ聞かない言葉ですが、交通事故の過失割合とは、発生した交通事故に対する責任が誰にあるのか?どちらの過失が多いかを判断するための割合のことを言います。残念ながらどのような事故の場合でも、被害者だとしても自分の過失がある場合があります。そのような状況を判断しながら過失割合を決めていきます。

100%加害者が悪ければ過失割合も10対0ですが、一般的な交通事故の場合は加害者が悪くても10対0にならないことが多いです。交通事故になってしまった場合加害者だけでなく被害者の双方に過失のある事故の場合もあるので、通常は交通事故の加害者と被害者が契約している保険会社の担当者が話し合いながら、その交通事故の過失割合を決定します。

この過失割合の判断で重要なのが過去の裁判例です。交通事故の加害者と被害者が契約している保険会社の担当者が話し合いをして判断をするときに、実際の事故と類似した過去の裁判例を基準としています。過去の裁判の例を参考にしながら、今回起こってしまった実際の事故状況に応じて交通事故の加害者と被害者の割合をしっかり考えながら過失割合を決定していきます。


弁護士が行う事故被害者のための業務

 - 

交通事故に遭遇してしまった場合、被害者の立場であっても様々な手続きをすることが重要になってきます。特に交通事故が人身事故になってしまったら加害者と被害者だけで話し合いをするのはとても大変で、特に損害賠償や慰謝料の話になると思ったように解決しないことも多く、どのように解決すれば良いかを考えたときに、一人で悩まないで弁護士に相談することをお薦めします。

リンク【交通事故の弁護士無料相談 – アディーレ法律事務所

弁護士は法律の専門家です。特に交通事故に特化している弁護士は今まで様々な事例を扱ってきた経験者なので、そのような交通事故の事例を扱ったことがある弁護士はとても頼りになる味方になってくれます。特に人身事故は事故処理に関しては素人の加害者と被害者では手続きに手間取ってしまう可能性がありますし、交渉が拗れる可能性があります。それでは話し合いが進まなくて平行線を辿ったままになってしまう危険性があります。

弁護士は交通事故の処理を敏速に行うだけではなくて、様々な手続きをしてくれますし、被害者の相談にも乗ってくれます。様々な弁護士がいますが、せっかく依頼をするのであれば交通事故の案件に詳しくて、どのようなことであっても親身の相談にのってくれて、弁護士費用が安いところに依頼をすることをお薦めしますし、そのような依頼者の目線で対応してくれる弁護士はとても人気があります。

当サイトでは交通事故被害における弁護士業務がどのような業務があるかを解説していきます。本当に自分が納得できる弁護士と出会えるために必読の内容となっています。