Home 未分類 • 休業損害の請求

休業損害の請求

 - 

交通事故に巻き込まれてしまい被害者になってしまったら、社会人の人は仕事をすることができなくなってしまう場合があります。交通事故の被害者になって仕事ができなくってしまったときに相手に対して請求できるのが休業損害です。事故に遭って被害者になってしまい仕事ができなくなってしまったら積極的に休業損害を請求することをおすすめします。

交通事故の被害者になったら様々な賠償を請求することができますが、その賠償の中に「消極損害」という種類があります。消極損害とは交通事故に巻き込まれて被害者になっていなければ得ることができた仕事での収入の損害を消極損害と言い、その中の1つが仕事を休んで収入が入らなくなってしまったことを請求することができる休業損害があります。

交通事故に巻き込まれてしまって損害を負って仕事を休まなければいけなくなったら、誰でも収入を得ることができなくなってしまいます。その収入や利益を損害として賠償請求できるので、自分で手続きをするのは難しいので、弁護士に相談をして休業損害がどれくらい出るのかを算出してもらい賠償請求をするようにしてください。事故の状況や怪我の状況に応じて損害賠償請求の金額も異なってきます。自分が損をしないようにしっかり弁護士に対応してもらうことが重要です。

Author:運営者