Home 未分類 • 適正な過失割合の判断

適正な過失割合の判断

 - 

交通事故に遭ってしまい慰謝料を請求するときに重要なのが「過失割合」です。事故に遭わなければ聞かない言葉ですが、交通事故の過失割合とは、発生した交通事故に対する責任が誰にあるのか?どちらの過失が多いかを判断するための割合のことを言います。残念ながらどのような事故の場合でも、被害者だとしても自分の過失がある場合があります。そのような状況を判断しながら過失割合を決めていきます。

100%加害者が悪ければ過失割合も10対0ですが、一般的な交通事故の場合は加害者が悪くても10対0にならないことが多いです。交通事故になってしまった場合加害者だけでなく被害者の双方に過失のある事故の場合もあるので、通常は交通事故の加害者と被害者が契約している保険会社の担当者が話し合いながら、その交通事故の過失割合を決定します。

この過失割合の判断で重要なのが過去の裁判例です。交通事故の加害者と被害者が契約している保険会社の担当者が話し合いをして判断をするときに、実際の事故と類似した過去の裁判例を基準としています。過去の裁判の例を参考にしながら、今回起こってしまった実際の事故状況に応じて交通事故の加害者と被害者の割合をしっかり考えながら過失割合を決定していきます。

Author:運営者